不動産売却の基礎知識 無料査定から売買成約まで

住み替えや現金化などの理由で、お住まいの一戸建て・マンション・土地などの売却をお考えの方に、簡易査定から売買成約までの一般的な流れをご説明致します。

簡易査定の実施

簡易査定を申し込むことによって、まず机上査定の結果を受け取ることができます。
机上査定とは、物件の地域・相場・過去事例などから、予想される成約金額の想定額を簡易的に算出する方法です。

各社から受け取る机上査定結果に差異がある場合がありますが、想定される売り出し期間、広告宣伝方法などが異なるためです。各社の査定結果の平均値を1つの基準とすると良いでしょう。

訪問査定・媒介契約の締結・売り出し価格の決定

さらに詳しい訪問査定を依頼し、結果をもとに仲介を依頼する会社が決定したら、媒介契約を締結します。
媒介契約とは不動産の販売を委託する契約で、一般媒介・専任媒介・専属専任媒介などの種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。
媒介契約の説明はこちらをご覧ください。
訪問査定を依頼し、物件の状態を確かめた上での詳細な査定額が算出されたら、それを基に不動産会社と相談の上、売り出し価格を決定します。

不動産会社による販売活動

媒介契約を行うと、媒介を委託した不動産会社が広告宣伝活動・販売活動を開始します。
広告宣伝の方法は不動産会社によって異なりますが、全国ネットワークへの登録・インターネットのポータルサイトへの掲載、などの方法が一般的です。
一般的には、広告宣伝費を不動産会社が負担します。専属媒介契約の場合は、決められた頻度で販売活動状況が報告されます。

売買契約の成立・不動産の引き渡し・代金の受け取り

買主が見つかり合意が得られた場合、不動産会社立ち会いのもと条件を調整した上で、売買契約を行います。
一般的には契約の段階で、買主より手付金として代金の一部が支払われます。
ローンの残りがある場合は返済・抵当抹消などの手続きの上、各種書類を取り揃えて、不動産の引き渡しを行います。