不動産売却の基礎知識 仲介と媒介(ばいかい)契約

仲介とは

不仲介とは、不動産取引において、売主と買主の間に立って取引を仲立ちすることで、媒介をするともいいます。
売主が自分で買主を探すことは非常に困難なので、一般的な不動産取引の際には仲介会社が売主に代わって、買主を探したり、売り出しの広告を行ったり、様々な手続きを行ったりします。
この報酬として売主・買主は不動産仲介会社に仲介手数料を支払います。

媒介契約とは

媒介契約(ばいかいけいやく)とは、不動産の売却にあたって、宅地建物取引業法に基づいて、仲介を担当する不動産会社と結ぶ契約です。
専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約、の3種類があります。
1回の媒介契約の期間は3ヶ月間で、不動産仲介会社はこの間に買主を探すことになります。
専属専任媒介契約は他社に依頼できないという制約がありますが、反面、依頼先の不動産会社が買主を探す際の優先度が高くなるというメリットがあります。


  契約社数 進捗報告 契約の特徴
専属専任
媒介契約
1社のみ 1週間に
1度以上
不動産会社1社のみに仲介を依頼する契約です。
この契約中は、他の不動産仲介会社に依頼したり、自分で買主を探すことは原則出来ず、もし行った場合は違約金が発生します。
契約先の不動産会社は、契約後5営業日以内に流通機構に物件を登録し、1週間に1回以上、売却活動状況を売主に報告することになっています。
専任
媒介契約
1社のみ 2週間に
1度以上
不動産会社1社のみに仲介を依頼する契約ですが、同時に自分で買主を探すこともできる契約です。
契約中に、自分で探した買主に売却することが決定した場合には、契約に要した費用を不動産会社に支払うことになります。
契約先の不動産会社は、契約後7営業日以内に流通機構に物件を登録し、2週間に1回以上、売却活動状況を売主に報告することになっています。
一般
媒介契約
自由 規定なし 複数の不動産業者に、同時に仲介を依頼できる契約です。
契約先の不動産会社が、売主に売却活動状況を報告する義務はありません。

ポイント

仲介不動産会社は、売主に代わって物件の買主を探したり、契約の手伝いをします。
媒介契約の期間は3ヶ月間です。
媒介契約には、専属専任・専任・一般の3種類があり、契約内容がそれぞれ異なります。