不動産売却の基礎知識 仲介と買取の違い

仲介の特徴

仲介では、不動産会社が買主の間に立って取引を仲立ちするもので、最大で売却価格の3%+6万円+消費税という仲介手数料が発生します。
仲介手数料の上限は法律で定められているため、これ以上かかることはありません。
不動産を売却する際には、仲介不動産会社を通じた仲介の方が一般的ですが、それは不動産会社による買取と比較して、売却価格が相対的に高くなるというメリットがあるためです。
反面、買主を探すのに時間が掛かるというデメリットもあり、特に売り出し価格が高い場合など、媒介契約期間内に成約しない場合もあります。
売り出し期間・目標の売却価格・成約の確度など、総合的に判断して仲介か売却を決める必要がありますので、どちらにするか迷っている場合には不動産会社に相談し、シミュレーション結果をもとに判断するのが良いでしょう。

不動産会社による買取の特徴

不動産会社による物件の買取では、一般に不動産会社が売却対象の不動産やマンションを査定し、提示された見積金額で良ければ不動産会社に売却を行います。
一般的に仲介と比較して、売却価格は低くなる事が多いのですが、急いで売却したい場合などの確実性という面で、大きなメリットがあります。
また、買取であれば、通常の住宅やマンションではなく、特殊な土地や建物、事業用地など、仲介では成約しにくい資産の売却も可能です。

ポイント

仲介は、不動産会社による買取と比較して、売却金額が高くなるのがメリット。
不動産会社による査定・買取は、短期間で確実な売却が可能。
買取であれば、特殊な土地、不動産、マンションの売却が可能。