不動産売却の基礎知識 不動産を売る時にかかる費用

不動産、マンションの売却時には、定められた手数料や税金などの諸費用が発生します。
事前にこれらの費用の種類や料率を、しっかりと把握しておき、計画に組み入れることが大切です。

仲介手数料 不動産仲介を仲介会社に依頼した場合、売買契約が成立した時に、最大で成約した金額の3%+6万円の仲介手数料が発生します。
印紙税 不動産売買契約書に対して貼付する印紙税が発生します。
所得税・住民税 不動産やマンションの売却益に対して課税されます。金額については成約価格等によって異なるため、不動産会社に相談の上、事前に把握しておくことが必要です。住み替えの場合、または物件の種類・金額などによっては税金の控除を受けられる場合があります。
その他の諸費用 書類作成にあたっての司法書士への報酬、登記費用などが発生します。このほかにも費用が発生する場合がありますので、詳しくは売却相談時に不動産会社へ相談しましょう。

ポイント

不動産売却時に発生する仲介手数料、税金、諸費用を事前に正しく把握しましょう。
所得税・住民税は控除により減額される場合があります。