不動産売却の基礎知識 住み替え時は売却時期にご注意

住み替えの場合、購入と売却はどちらが先か

現在お住まいの一戸建てやマンションを売却して、新しく物件を買う「住み替え」の場合、新しい物件の購入と現在の家の売却、どちらを先に行うかは大変重要な問題です。
新しい不動産の購入を先に行う場合、新しい物件を時間をかけて慎重に選べるというメリットがありますが、反面、 現在居住中の不動産を売却した資金を購入資金に充てる場合、いくらで現在の物件が売却できるのか不確定なため、 資金計画が立てにくい、というデメリットがあります。
現在居住中の一戸建てやマンションを先に売却した場合は、資金の計画は立てやすいものの、引渡し期限までに新しい不動産を決めなければならず、 新しい物件の選択に時間が十分にかけられない可能性があります。新しい物件が見つからず、売買契約を取り消した場合は、違約金などが発生する可能性があるため、注意が必要です。

それぞれのメリットとデメリット比較

先に売る場合 先に買う場合
メリット 新しい不動産を購入するための資金計画が立てやすい。また、不動産売却にある程度時間をかけられるため、より有利な価格で売却できる場合がある。 新しい不動産を購入する際に、ある程度じっくりと時間をかけて選ぶことができるため、希望の物件が見つかる可能性が高い。
デメリット 売却した不動産の引渡し日までに新しい物件が決まっていない場合、仮住まいなどが必要になる場合がある。
また、当たらし物件の選択に時間がかけられない場合がある。
不動産の売却に時間が掛けられず、十分な条件での売却ができない場合がある。
売却する物件のローンを返済中の場合、新たに取得した不動産と2件分のローンの支払いが同時に発生する場合がある。

ポイント

住みかえ時には、売却と購入のタイミングをよく考える必要があります。
売却と購入、どちらが先でもそれぞれメリットとデメリットがあります。